カードローン会社で50万円借りる

カードローンはその手軽さと便利さで多くの利用者の人気を集めています。
実際に50万円借りたい、というときには具体的にどのようにすればよいのか、そのポイントをお教えします。

カードローン業界において二大業者とされるのが消費者金融と銀行カードローンです。
利用者の条件によってどちらの申込先を選ぶか異なってきますので、自分に合うのはどちらかなのかをしっかり検討してから決めましょう。

消費者金融

消費者金融は総量規制の対象となるため、借入総額が年収の1/3に達してしまうような場合には新たな借入れはできないことになっています。
50万円の借入を考える場合、自身の年収が150万円以上あるか、また他社からの借入があるならそれも十分考慮に入れて考える必要があります。

また消費者金融の金利は銀行カードローンにくらべて高い設定になっているので、50万円借りる場合には返済期間によっては利息がかさんでしまう可能性があることも頭に入れておきましょう。

ただし無利息期間を設けているところもあり、うまく活用して利息負担を軽減するという方法も考えられます。

銀行カードローン

銀行カードローンの最大の特徴とされているのが総量規制対象外というポイントです。
借入額が年収に影響されることがないため、年収が150万円以上ない人でも審査に通れば50万円借りられる可能性があります。

また銀行カードローンは金利面でもメリットがあります。
消費者金融よりも低い金利設定となっているため、50万円借りる際には利息負担を軽くできる可能性が高くなります。

普通に生活していても思わぬ出費を余儀なくされることがあります。
とにかく急ぎでお金が欲しい、というときでもカードローンが役立ちます。

50万円までは収入証明書の提出不要で申し込みできる消費者金融や銀行カードローンも多く見られます。
本人確認書類だけで申込OKなら書類の準備に手間がかからずスピーディに手続きできます。

即日融資を実施してもらうためには、所定の受付時間までに申込みの手続きを完了させる必要があるので、事前によく調べておきましょう。
専業主婦は自身に収入がないことから、総量規制の対象外である一部の銀行カードローンのみ申込可能となっています。

働いていない主婦でも借入することができるかどうか手続き前にチェックしておきましょう。

銀行カードローンなら、旦那にバレずに専業主婦でも借りれるだけでなく即日融資にも対応してくれる銀行があります。
配偶者貸付を受付けている消費者金融会社では、必要書類を即日用意することができないため実質借りたいと思った時から即日融資までに時間がかかります。

専業主婦のための融資制度でありながら使い勝手が悪く、消費者金融は銀行より最高金利が高いこともあり、メリットはないといえます。
よほどの特殊な事情がない限り銀行カードローンを選ぶ方にメリットがあります。

(引用:専業主婦カードローンチョイス※旦那に内緒で借りられるローン)
収入がない専業主婦の方におすすめのカードローン会社はこちらのサイトで見つけることができます。